弁財天へようこそ 弁財天へようこそ ご案内 祭事・行事 境内地図 お守り・お札





弁財天(弁才天)はもともとはインドのヒンドゥー教の神様サラスヴァティーです。 このサラスヴァティーとは聖なる(豊かなる)河といった意味で、水の神様とされてきました。 日本でも、三大弁才天とされている、江ノ島・竹生島・厳島をはじめとして、水のそばにまつられていることが多いですし、井の頭弁財天も井の頭池の中におまつりされています。

もともと河の神様のサラスヴァティーですが、河の(水の)流れの音が、音楽や豊かに溢れる言葉を連想させることから、音楽をはじめとした芸術や学問全般の神様としての信仰も集めました。 また日本においては、農業や穀物の神様である宇賀神と習合して、五穀豊穣の神様としても崇められ、さらには「才」を「財」に置き換えて、財宝を授ける神様としての信仰がもっぱら盛んになったのでした。 井の頭弁財天にも、本堂の裏手に、龍の形をした銭洗い弁天がございます。こちらでお金を洗っていただくと、きっと財産が増えるご利益があるでしょう。

宇賀神は老人の頭を持った白蛇の形をしており、井の頭弁財天でも、絵馬は干支に関わらず白蛇の図柄ですし、また弁財天正面の赤い手すりの石段を登った左手には、宇賀神像が安置されています。 宇賀神は五穀豊穣の神として稲荷神と同一視されますが、井の頭弁財天の対岸にはお稲荷さんをまつった祠もございます。昼なお暗い、まるで時間も場所も飛び越えてしまったような静かな一角がそこにはあります。一度お参りしてみてはいかがでしょうか。

みなさんに七福神の一人としておなじみの弁天様は琵琶を持った2本の手の女性ですが、井の頭弁財天のご本尊は8本の手を持った八臂像で、頭上に宇賀神を載せ鳥居を冠しています。 大変優しいお顔をした美しい姿をされていますが、秘仏であり、普段は公開しておりません。12年に一度、巳年にご開帳されてお参りすることが出来ますので、その際には是非ご覧になってください。 また井の頭弁財天本堂は、弁天様のほかにも、毘沙門天や大黒天もまつられており、一度に三福神がお参りできる、大変ありがたいお堂です。お参りは自由ですが、お堂に上がられる際には御供所のほうに一言お声をお掛けください。

弁財天ご真言
「オン・ソラソバテイ・エイ・ソワカ」

【龍の形をした銭洗い弁天】



【宇賀神像】





井の頭弁財天は、天慶年間(938−946)に関東源氏の祖・源経基が、伝教大師の延暦8年(789)作という弁財天女像をこの地に安置したのが始まりで、その後建久8年(1197)に源頼朝が東国の平安を祈願してお堂を建立したとされています。

また正慶2年(1333)には新田義貞が鎌倉北条氏と対陣する際に戦勝祈願を行ったとも伝えられています。

江戸時代に入り、徳川家康は江戸入府に際して上水道の整備を行いますが、その際の水源として選ばれたのが井の頭池であり、その上水路が神田川です。家康自身も何度かこの地を訪れたとされ、慶長11年(1606)に家康が井の頭池の水でお茶をたて、その時に使用したとされる茶臼は今も弁天堂に伝えられています。

三代将軍家光の代になるとこのあたりは鷹狩り場とされ、寛永6年(1629)に家光が訪れた際に、この池の水は江戸の飲料水の源・上水の頭であることから「井の頭」と命名、池のほとりのこぶしの木に小刀で井の頭と刻んだと伝えられています。その後こぶしの木は焼失してしまい、現在では石碑が建てられています。

その後家光は寛永13年(1636)に先に焼失した弁財天の宮社を再建しています。
こうして江戸市民の生活の源となった井の頭池ですが、その水源の守り神として、また財産を授ける神として、更には芸能・音楽の神として、弁財天は江戸の庶民の信仰を集めてゆき、江戸期には大いに盛り上がりを見せます。
江戸市中からの参詣者は絶えることなく、弁財天への道中各地には道標が建てられ、現在でも甲州街道沿いなど各地にそのいくつかを見ることが出来ます。

【家康茶臼】



【放生供養】



【安藤広重 井の頭の池 弁財天の社雪の景】



【現在の弁財天】


延享2年(1745)に弁財天の参道入り口に建てられた標石に刻まれた寄進者の名前を見てみると、当時の名優・瀬川菊之丞をはじめ、高麗屋純蔵(後の五代目松本幸四郎)、中村勘三郎などの俳優や、中村座、肥前座、薩摩座などの劇場の名前があり、江戸演劇史上の重要な資料であると共に、弁財天信仰の厚かったことをうかがわせます。

さらに弁天島の入り口に建てられた一対の石燈籠や、境内の狛犬や水盤など、弁天堂周辺の石造文化財(三鷹市指定)は全て江戸下町の庶民が寄進したものであり、また日本橋小舟町の名が刻まれた、弁天様にお供えする百味飲食(ひゃくみおんじき)供養の器も残されています。

かの安藤広重も名所江戸百景「井の頭の池弁天の杜」で秋の風景を、また名所雪月花「井の頭の池弁財天の社雪の景」で冬の夕景を描いており、これらのことからも井の頭の弁天様が江戸の庶民と文化にとっていかに重要で、また親しまれてきたかが分かるでしょう。

現在でも最寄り駅である吉祥寺の町は、文化と生活が理想的な形で交わる町と言えます。古くからの閑静な住宅街であると共に、多くの芸術家やそれを目指す若者が集い暮らす、文化の発信地でもあります。ライヴハウスや劇場・映画館なども多いこの町の独自の文化の発展を、弁天様は今でも静かに見守っているのかもしれません。




住所 東京都三鷹市井の頭四丁目

交通 
●吉祥寺駅から徒歩5分
吉祥寺駅の公園口を降りて、丸井の右脇の道を直進。
スターバックスコーヒーの先から井の頭公園へ下り直進して橋を渡り、ボート乗り場も過ぎて対岸へ出たら右折。
そのまま歩道を進むと右手。

●井の頭公園駅から徒歩7分
井の頭公園駅の改札を出たら右に進むと、井の頭の池があります。
その左岸の歩道を道なりに、池に沿って進むと右手。

■通常16時過ぎには閉門いたします。
(お祭りなどはこの限りではありません。大晦日は深夜もお参りできます。)
※付近にコインパーキングなども含め、駐車場はございません。
お車でお越しの際は吉祥寺駅周辺の駐車場のご利用をお勧めします。


お問い合わせ サイトマップ englishページへ copyright(c) Benzaiten 2006 all rightreserved



吉祥寺 井の頭公園 弁財天